有限会社イアーズのシゴト保管庫です。

イアーズが手がけた制作物(ブランディング、セールスプローモーション、CI計画、パッケージデザインなど)を制作年度別にアーカイブ。

東京都立小児総合医療センター 『診断がつかないまま歩むということ』BOOKLET

デザインとイラスト : Kayo Hirao (ears)
コピーリライト : Daisuke Kimura (ears)
Client : Tokyo Metropolitan Children's Medical Center

広島アンデルセン 改装オープンに伴うBI開発

ショップコンセプト(コンセプトフレーズ)
「Shun Andersen」の書は、社員の方から募集し選ばれたものです。

シンボルグラフィック

「イロイロなカタチとイロ」は、多彩なShunの実りや楽しさの象徴であり、
季節で移ろうShunな自然のイロでもあります。






ショッパー

クラフトの地色を「土」に見立て、「青麦(緑)」から「麦穂(黄色)」へと
小麦が次第に実っていく畑を表現しています。

BOX

商品パッケージ / ラッピングペーパー / シール

エコバッグ

プライスカード&POPフォーマットデザイン

畑に様々な作物が実っていくように、それぞれのプライスカードやPOPのイロは
季節にあわせて移り変わっていきます。

キッチンカー「アンデルセン号」

シンボルグラフィックのアレンジで、
開いてお店になる面が「Anderse GO GO」(アンデルセン号 Go!)に、
反対面は「Andersen GO」(アンデルセン号)となっています。

館内デジタルサイネージ

ショップコンセプト策定 /コンセプトフレーズ / シンボルグラフィック
プライスカードフォーマットデザイン / POPフォーマットデザイン
各種パッケージ / サインデザイン / ショップカード /
デジタルサイネージ / キッチンカー etc.

プランニングとコピー : Daisuke Kimura (ears)
アートディレクションとデザイン: Kayo Hirao (ears)
Client : HIROSHIMA ANDERSEN

広島アンデルセン 改装オープンに伴うBI開発(サイン編)

1F-2F レジ上グラフィック

館内ピクトサイン

館内サイン

バックヤード 室名サイン

デザイン: Kayo Hirao (ears)
コピー:Daisuke Kimura(ears)
Client : HIROSHIMA ANDERSEN

広島アンデルセン「新フロアガイド」

企画とコピー : Daisuke Kimura (ears)
デザインとイラスト : Kayo Hirao (ears)
写真 :: Kazuo Kirita (KIRITA STUDIO)
Client : HIROSHIMA ANDERSEN